バーチャルオフィスを利用して東京の支店をよりスムーズに!

【どういった観点でバーチャルオフィスを選べばいい?】

→住所を最優先で見ていきましょう。事業を中長期的に行っていくならブランド力のある住所を手に入れられるに越したことはありません。住所を選ぶことと現地にいってオフィスの雰囲気を確認するのはセットでやりましょう。

・自分の事前のシミュレーションとの差異はどうか?

・住所が過去に犯罪などで汚れてしまっていないか?

・郵便物などの受け取り体制がどうなってくるのか

こういった所も見ておけるといいですね。


【低リスクで東京へ!!】

→低リスクで東京に進出するにはどういった工夫が必要なのでしょうか?地方の会社が通常東京に支店を作る場合には賃貸オフィスを借りたり、人員確保のために人を採用したり費用が大きくかかってしまうのではないか、、という懸念からなかなか大変なイメージがあると思います。場合によってはお金が数百万円かかることもあり、足踏みしてしまう理由も分かります。そこでバーチャルオフィスのサービスを利用することをおすすめします。バーチャルオフィスは初期費用がほぼかからず(入会金と月額数千円の会費程度)、物理的なオフィスを借りる必要もないので、非常に低リスクで東京に進出することが出来ます。以下では具体的なメリットを解説していきます。

・全国からの受注が見込める

→東京と言えば、大企業がひしめき合うイメージがありませんか?これらの有名企業は全国に支店を持っているパターンも多いです。つまりあなたの会社が地元にあったとしても、東京に展開することが出来れば安定感や信頼感を得られる可能性が高まってきます。つまり広範囲から受注を狙えるので、バーチャルオフィスを利用するメリットになりますよね。

・地元におけるイメージアップ

→名刺に自分の地元の住所に加え東京の住所が入っていることで信頼感を相手に与えることが出来ます。特に意図せずともブランディングになっているということですよね。こういった部分もメリットとして挙げられると思います。