バーチャルオフィスで銀行口座を開設しよう!

バーチャルオフィスでの銀行口座を開設するための条件をご紹介!ただしこの条件を満たせば必ず開設ができるという訳でもないため、そこは留意しながら読んでみてくださいね。


①過去に犯罪歴がない、ブラックリストに入っていない住所

→法人口座を開設しようとする場合、審査書類に銀行の担当者は本店所在地を書く必要があります。バーチャルオフィスの契約住所=本店所在地とした場合、そこが万が一、過去に犯罪に使用されたものだった場合、一発で落とされてしまう事は覚悟した方が良いでしょう。金融機関のブラックリストに載ってしまっているような住所も落とされてしまうと思います。事前にネットで契約する住所については入念に調べておきましょう。


②古くて手狭なビル、マンション、アパートにバーチャルオフィスを構えている業者とは契約をしない

→上に書いたような特徴を備えているマンションなどにバーチャルオフィスを構えているような所は、過去に犯罪で使用されてしまった建物に似ている事が多い為、銀行側からするとイメージが大きく下がってしまうので、口座開設不可となってしまう可能性が高まります。バーチャルオフィスとはいえ事業を行っていく上でもミーティングなどで頻繁に使っていくと予想されますので、上記のようなところは避けるようにしましょう。


③Webサイトは作っておこう

→口座開設の条件に直接関係がないかもしれませんが、無料でHPは簡単に製作が出来ます。そういった背景があるにも関わらずもし作っていなかった場合は理由が必要になってきてしまうレベルです。今後事業でも必要になってくるでしょうし、実態を示す有効なツールにもなりますので、作っておいて損はないでしょう。


④法人口座は本店所在地の最寄り銀行で!

→本店所在地と口座の開設予定住所は近いものにするのがおすすめ。仮に同じエリアに銀行が無くても焦らないようにしましょう。”最寄りの銀行”であれば大丈夫です。金融機関はこういった所もチェックしています。ネットバンクにおいては考えなくて大丈夫です。


⑤固定電話番号を用意、出来れば市外局番!

→銀行の多くが開設条件に指定している固定の電話番号を用意すると、開設の難易度を下げることが出来ます。より多くの選択肢を手に入れることが出来ますし、事業の中身の証明にもなるからです。これは最低限必要なコストであると割り切ってしまいましょう。市外局番のものを用意できるといいですね。


⑥半期から1期分の事業実績を先に作っておく

→バーチャルオフィスを使ってまだ期間が経っていないうちは金融機関からは『信用がない』とみなされている状態です。より口座開設の確率を上げようとするなら半期~1期分は実績を作るのが望ましいです。また、事業実績はあってもバーチャルオフィスを転々としていた場合、登記住所で実績があるという判断にはならないので注意です。


⑦審査書類は漏れのないように準備

→法人の場合、基本的に以下の書類は必ず用意しましょう。

・会社定款

・履歴事項全部証明書

・印鑑証明書

・身分証明書(代表者の写真付き)

→事業をちゃんと行っているかの実態を確認する必要があるので、以下のようなものも作っておきましょう。

・会社概要(Webサイトを印刷したもの、商品サンプルなど)

・事業計画書(今後どう事業を展開していくか、定量的かつ可能性を感じさせるもの)

・取引先に関する資料(契約書、請求書、領収書など、実態がわかるもの)

・バーチャルオフィスとの契約書

・履歴書や職務経歴書


⑧この事業をやっていくんだという熱意をPR

→つまるところ人の裁量で開設出来るかどうかが決まってしまいます。以下の部分は最低限気を付けましょう。

・身なりをきちんと整える(髭を剃る、ワックスを適量付け髪を整える、アイロンをかけたシャツを着るなど)

・必要書類は完ぺきに準備(銀行により用意すべきものが違う場合があるので電話やHPで確認しましょう)

・事業内容については細かく丁寧にきちんと伝える