・自分の契約しようとしているオフィスはどれくらいブランド力がある?

→あなたの名刺に記載されている会社の住所から相手が受ける印象は思っているより大きなものです。都内一等地にあるのか、名の知れないような所にあるのかではどうしてもイメージに差が出てきてしまいますよね。もちろんイメージだけが全てではなく、実際の仕事ぶりなどを含めた評価をする、というのが普通だと思いますが、信用面の観点から出来れば最初の時点で良いイメージを持ってほしい、と考えるのも無理はありません。住所に関しては妥協せず選ぶことをお勧めします。

・気になったオフィスがあったら見学!

→結構勘違いされている方も多いのですが、バーチャルオフィスだからといってその住所を登記や郵便受け取り以外で使わない、ということはほぼありません。例えば大事な商談やミーティングにおいて常に最適な場所が用意できるとは限りません。その場合バーチャルオフィスが提供している会議室は有力な選択肢となってくることでしょう。その際にはやはり来館される方にとってアクセスが良く、雰囲気が良いオフィスであることに越したことはないですよね。つまりとりあえず気になったバーチャルオフィスがあったら見学してみよう!ということをお勧めします。

・こういった審査体制は気を付けよう

→以下のような審査体制のオフィスには気を付けましょう

・審査に必要な書類が全てネットで提出出来てしまう ※バーチャルオフィス審査担当者との面談の必要がない

・契約に至る条件が異常に低い

・立地が非常に悪い/月額料金がエリア相場に比べ低く設定されているオフィスには気を付ける

→IT技術の発達に伴い様々な場所で仕事が出来るようになったことで、バーチャルオフィスサービスの普及がどんどん進んだ結果、運営する業者の数も多くなってきました。価格もピンキリの状態になってきており、地域の相場からするとかなり安い値段設定をしているオフィスもあります。そういったオフィスには大抵理由があり、例えば過去にマネーロンダリング等の犯罪に利用された結果利用者がいなくなってしまったので、価格を下げるほかなくなってしまったであったりとか、都内ではあるが立地やオフィス周辺の雰囲気があまり良くない為に人が集まらないといった具合です。住所を使えさえすれば良い、ということでなければ、上記のような背景をもったオフィスを選ぶのは避けるようにしましょう。